FC2ブログ
--'--.--.--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2013'03.30.15:30

JointConcert2013 彩


こんにちわ。ぐちこことぐっちゃんことやまぐちです。

3月20日、無事にJointConcert2013が終了いたしました!(ぱちぱちぱち)

桜美林大学の演奏は、2部の2番目。専修大学の次でした。
専修の演目はホラーがテーマ!演奏のほかにも、叫び声が入ってたり、会場が暗くなったり迫力満点の演出。
桜美林のメンバーはそれを舞台袖で聴きながら、ただでさえ緊張しているのにも増して、背筋のぞわぞわする恐怖心までいっしょくたに味わってしまい、もうなんかてんやわんやの心境でした(私だけですかね)。笑

そんな私たちの演奏はどうだったかといいますと……


今までの練習の中で最高の出来でした


リハーサルまで演奏にはミスが入り、表情や体がかちかちなままで
他大学の方からの感想にも「もっと楽しそうに弾けるといいですね」と書かれまくっていた私たちですが、

本番は、聴いていた限りミスもなく!(ミスなんてないのが当たり前の状態にしてからお客様の前に立つのが当然!と言われてしまうと返す言葉もないのですが(´・ω・`)
表情もみんなニマニマ笑顔で、メンバー同士アイコンタクトとりながら体を動かして演奏できていました。

フフフ(*´ω`*)

お客様の目にはどう映っていたのでしょうか。
お辞儀し終わる前から拍手をもらえていたから、「良いな」と思ってもらうことができたのかしら。
そうだったらいいな。



今回は20の大学が出演していました。
どこも様々なカラーがあって(本当に、テーマ"彩"とは的確だなぁと思いました。)それぞれに素敵だったのですが、
中でも私が個人的に印象に残ったのが、
国立音大と、東北大と、名古屋音大でした。

国立音大については、桜美林の他メンバーが(特に、即興に情熱をかける桜美林の新ピアノマンひぐあつが)何度も
「うまいわ~まじうまいわ~ヤバいわ~……」と焦り交じりにぼやいておりました。
さすが趣味以上のレベルで音楽をやってる人たちは違う……とか思いつつサークルのホームページを見たら、
国音以外から来ているメンバーもいるんですよ!
環境を言い訳にしてる場合じゃないよマジで。どうすんの桜美林音楽専修!おい!って感じ。
本当に素敵な演奏だったのです。

東北大は、古畑任三郎とルパンとコナンと踊る大捜査線のコラボ。
演奏も演出もめちゃくちゃ作りこまれていて、しかもお客さんを置いてけぼりにしないようなストーリーで
素晴らしかったです。あんな演出やってみたいな~。

名古屋音大は、エレクトーンとピアニカ+踊りのコラボでした。おなじみの演出だそうですね。
もう、かわいい。かわいかったです。かわいすぎて胸がワーッてなりました。ファンになりそう。


それからそれから。
Enchanteに興味を持ってくれた、私たちと同じ学年(つまり新2年)の他大学の方が
お客様として観に来てくれました!終演後少しお話をしました。うれしいなぁ~。
桜美林の次のライブは、5月に学内で行う新歓ライブの予定です。
演目も決めて、早く練習を始めなくちゃね~(*´ω`*)


これだけたくさんのいろいろな大学にエレクトーンサークルがあり。
大規模だったり、少数精鋭だったり、演出が凝っていたり、演奏がうまかったりうまくなかったり。
その中で、JC2013に限って言えば、桜美林は、大学自体の知名度も高くないし、少人数だし、
特に凝った演出をするわけでもなく、演奏のレベルも中庸ぐらいでした。

それでも、お客様が何か、私たちしか持っていない桜美林らしさ?もっというとEnchanteらしさ?を感じ取り
良い印象に残すことができていたら幸いだなぁ。そうできるようになりたいなぁ。
と思ったのでした。


くさい感想で失礼しました(´-ω-`)


改めまして
JC2013にお越しくださった皆様、EC-net関係者各位、オリンピックセンターの方々に心よりお礼申し上げます。


それから、今回出演した、私含めて8名のメンバー!本当にお疲れ様でした。らぶらぶ。
スポンサーサイト
イベントトラックバック(0)  コメント(0)
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

Copyright © REPORT. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。